2010年4月6日火曜日

カリカチュアにしかできないこと。





























先月お描きしたお客様のギフト注文の絵の中から数点ご紹介させて頂きます。





先月はウェルカムボードに加え、ご両親へのプレゼントや還暦の記念、ご退職の記念等ご用途は様々でした。




ただ毎回どのご注文にも共通していることはやはり


「相手の方に喜んでもらいたい。」
「この日を特別なものにしたい。」

という思いがあるということです。





毎回感じますが、それを弊社に、また僕個人に依頼して頂ける事はとても幸せです。



ただし、その思いを受け止め、一枚の紙の中に表現するのは容易ではありません。



その人のこれまでの人生、この先の人生も込めて表現することはカリカチュアにしかできません。



今回もどの絵を描く時も

この方はどんな思いでこの絵を見るのだろう。

この絵を見る度にどのような思いになるのだろう。

そのようなことを考えて描いていました。




有難いことに、絵が届いてからお客様よりお礼のメッセージを頂くこともあります。


その中で
「今回カリカチュアを選んで良かった。またお願いします。」

そして
「ありがとうございました。」
という言葉を頂けた瞬間はこの上ない喜びを感じます。



これからもカリカチュアを通じて一つでも多くの人と出会い、ひとつでも多くの笑い・感動・サプライズを提供し、明るい社会と人々の幸せに貢献できるよう全力を尽くします。

2 件のコメント:

おっさん さんのコメント...

ご無沙汰しております。

すごい立体感ですね。

すごく僭越なんですが
素人の戯言として聞き流して頂きたく・・・

ひろさんがおっしゃること
僕なりにめっちゃわかります。

とても素晴らしいお仕事だと思います。
仲間になりたいくらいです。

今月こそ、ひろさんに会いに行きたい!!

Hironori さんのコメント...

おっさんさん。

有難いお言葉ありがとうございます。

本当にまた早くお会いしたいですね!

今度お会いするときは、前回流れてしまった分も沢山お話したいですね。
お待ちしてます!