2010年6月2日水曜日

ありがとう、プロ六期生。




プロコース第六期生が無事修了致しました。

今回、僕はなかなか皆さんと接する機会が少なかったのですが、初心者体験から、そしてカリカチュア教室から多くの生徒さんが挑戦して下さった為、とても親近感があった代でした。


お互いに支え合いつつも、バチバチとライバル精神がぶつかりあっているような代でしたね。まさに切磋琢磨という言葉がぴったりでした。


授業の最後、僕はこれまで4回以上は描いているこちらの生徒さんを描かせて頂きました。
実はまだこのようなシンプルなキャラクタータッチで描くのは始めてからそれほど時間は経っていません。
いつも通り、普通に描こうかとも悩みました。
しかし、挑戦をやめた時から衰退が始まります。
僕が最後に伝えたかったのは、プロコースは通過点でしかないということ。
第八回を経て、ようやくスタートラインに「近づけた」のです。
これで終わりではありません。
そのこれからの「チャレンジ」という気持ちを伝える為、まだ未熟なこれまでとは違ったスタイルを見てもらいました。

今回の修了生の皆さんは、きっとこれからもチャレンジし続けてくれると確信しています。
これからも是非、皆さんと繋がっていけたらと思っています。

一緒にカリカチュアの素晴らしさ、楽しさを広めていきましょう。

2 件のコメント:

芝崎★ さんのコメント...

素敵なナース服姿の絵、ありがとうございました。
感動しましたよぉ~!!
普段の職業を明かしておかないと、これちょっとした、コスプレ好きなっちゃいますねぇ~(笑)

実は、あの返却して頂いた写真、みんなで見てたら、いつの間にやら紛失しました(汗)
教室のどこかに置き忘れられてる可能性が・・・

もし、どっかから出てきたら、魔除けにされると恥ずかしいので、こそぉーっと、確保しておいて下さい(笑)

本当に、充実した二ヶ月間でした。
でも、これからが、本当の意味でスタートなので、この8回で学んだことを忘れず、もっともっと努力して、頑張っていこうと思います。

これからも、末永くよろしくお願いします。

Hironori さんのコメント...

芝崎さん

お疲れ様でした。
最後の壁は胸を張って良い出来でした。

これからもさらに腕を磨いて下さい。

家事に支障を出さない様に。
お疲れ様でした。
また教室で会いましょう。