2010年8月5日木曜日

人と人とを繋ぐカリカチュア。



昨日のカリカチュア教室。

こうやってみるとすっかり「本間先生」も定着してきましたね。


そんな中



カリカチュア教室を開始した直後からの生徒さん、早川さんが先日、長きにわたったお勤めを定年退職されました。

そのお祝いと言っては何ですが、講師陣と事務局より、寄せ書きをプレゼントをさせて頂きました。


カリカチュアを始めた頃からなかなか線の震えが課題だったのですが、最近の作品のラインがとてもきれいになっていました。

早川さんと僕は言ってしまえば親子ほどの年の差があります。

人生経験ははるかにある生徒です。

その「さらに成長しよう、もっと新しいことに挑戦しよう」という心にとても感動しました。

まさに「教えているようで、教えられている」ということはこういうことかもしれません。

早川さんだけではなく、カリカチュア教室には人生の先輩が沢山います。

人生の先輩でなくとも、僕の知らない世界を知っている生徒も沢山います。

まさに自分以外皆師です。

これからも、この出会いの場は大切にしていきます。


早川さん、一先ずお疲れ様でした。

そしてこれからも、どうぞよろしくお願い致します。

0 件のコメント: