2010年11月24日水曜日

カリカチュア・フェスタ2010!ありがとうございました!





























昨日カリカチュアフェスタが開催され、大盛況のもと無事終えることが出来ました。



昼の部ではBeau、Brianのセミナー、初代カリカチュア・アマチュア王決定戦が行われました。



Beauのセミナーでは、目からうろこのトレーニング方法、モチーフの捉え方、描き方、アーティストの育て方等が聞けました。


弊社では行ったことのないようなユニークなトレーニング方法は是非参加できなかったアーティストにも伝えていきたいです。


そのユニークなエクササイズに生徒さんも食い入るように聞き入っていました。

その姿はまさに真剣そのもの。

しかしただ堅く聞き入るのではなく、「好きなことを楽しんで本気で学ぶ」というとても良い雰囲気が出来上がっていました。

これはまさにBeauの人柄そのものがそうさせていたのだと思います。

彼は本当に仕事にも自分にも厳しく、まっすぐな男です。
おそらく、僕よりもずっと厳しいと思います。
昨日も、Brianのセミナーの途中でも時間を気にし、合図を出す場面もありました。

しかし、厳しいにも関わらず、彼は仲間からとても信頼されています。慕われています。
アメリカ研修の時や世界大会で仲間と一緒にいる彼を見ると、そのことが本当によくわかります。
今回の来日でも、Beauの魅力が参加者の皆様にも伝わったのではないでしょうか。

まさに情熱とユーモアを持った理想のマネージャーだと思います。





Brianのスライドを使ったセミナーでは、本当にこれが下書きなしで描いた絵なのかというライブスケッチに生徒さんも沢山写真を撮っていました。


その後のライブスケッチデモンストレーションはまさに圧巻でした。


幸運にもBrian本人から選ばれた某有名テーマパークで働くNさんと先日プロテストに合格したりんごちゃん。


Nさんは白黒、りんごちゃんはカラーです。

Brianはシェイプの捉え方をとても重要視します。
そしてそれを一気に描き切るのです。
無論、綺麗なラインで。


一見、何気なく描いているように見えるのですが、確かにそこには鋭い観察眼でモチーフを分析している姿がありました。

何もない紙の上どんどんモチーフの姿と「らしさ」が浮かび上がってくるあの情景はまさにエンターテイメント、最高のエンターテイメントです。

カリカチュアのライブスケッチが如何に楽しいものなのかを改めて感じさせてくれました。





その後に開催されたカリカチュアジャパン・アマチュア王決定戦も大いに盛り上がりました。


壁一面に貼られた各自3枚×40名分の作品はとても見応えがありました。

それぞれの捉え方で、でもちゃんとモチーフのらしさを表現しようとしている素晴らしいカリカチュアが並んでいました。

生徒さんの成長は勿論ですが、同時に、ここに参加できなかった方も含めてこんなにも多くの方がカリカチュアを好きになって下さっていたことがとても嬉しかったです。

もっともっとこのカリカチュアを広めていける仲間を増やしたいと思いました。


決勝戦では勝ち上がった4名の方々が、これまでに味わったことがないくらいのギャラリーに囲まれてのライブスケッチが行われました。


見事優勝したKさん。
思い返せばプロコースでは悔しい思いもしましたね。
あの日からこつこつと練習し、店舗にも教室にも足を運び、練習していました。女の子にも声をかけながら(笑)。


その成果が今回、初代カリカチュアジャパン・アマチュア王としての結果に繋がりました。
よかったですね。本当におめでとうございます。







さて、夜の部ではお待ちかねのカリカチュアジャパン・新人王決定戦が行われました!



一回戦、第一ステージから世界大会出場メンバーのさつ×宮城の波乱の幕開け。

他のどのカードもまさに白熱した戦いでした。



その中勝ち上がってきたのがさつと小俣。

正直この決勝戦のカードはKageも本間も予想できなかったでしょう。

投票もとてもきわどく、野鳥の会会長も本間カウントに苦労していました。

その戦いを制したのは名物お父さんと妹さんも応援に駆けつけてくれた、毎朝付けまつげをつけるのに忙しいおまりこと小俣!!

思えばららぽーとのららクラブから参加し、プロコースに挑戦し、特別トレーニングでもプロテストでも苦労をし続けてきました。

絵の描き方を知らない彼女は泣きながら練習した日々もありました。

しかし小俣はそんなそぶりは店舗では全く見せません。
その姿を頼もしく感じていました。

そんな彼女が新人王を勝ち取ることができたのです。

おめでとう、おまり!!








今回ご参加下さった方々、協賛して下さった方々には本当に感謝しております。
皆様に支えられてカリカチュアジャパンがあるのだとまた肌で感じることができました。

Beau、Brianにも本当に多忙な中、スケジュールを作って来日してくれたことに心より感謝しています。

きっかけを作ってくれた弊社代表のKage、準備から当日の最後まで影で動いてくれたスタッフの皆、そして新人を浅草に送り出し、その間店舗で通常業務に励んでくれた店長とアーティスト達にも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


本当にありがとうございました!!!

2 件のコメント:

SHIZU☆ さんのコメント...

本当に素晴らしいイベント、
めっちゃ感動しました。

準備を進めてくださった、カリカチュアジャパンの皆様に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

カリカチュアと出会って、『カリカチュア』がご縁でどんどん輪が広がり、人と人を結んでくれて、今では、知らない人まで知っている人に変えてくれるくらい、仲間が増えました!!

これからも、ずっとずっと、描き続け、そして、描かれ続けていきます(笑)

最高にHAPPYな時間をありがとうございました。

Hironori さんのコメント...

シズさん
当日はありがとうございました。
これからも、カリカチュアのファンでい続けて下さい。
とっても奥の深い世界です。

そしてもっともっと仲間と出会って下さい。