2011年4月30日土曜日

2011429








昨日は弊社アーティスト、田村 大の結婚式でした。

一時は不安な顔を見せた天候も、二人の新たな門出を祝福する為にすぐに青空に変わりました。


田村はスクールプロコース卒業生。スクール時代に講師陣が全員惚れ込んだ生徒でした。

技術で可能性を見出したのも勿論ですが、何よりも魅力を感じたのはその人柄と誠実さでした。


同い年ということと、彼がスクールプロコース初回に話した受講動機が僕が入社試験を受けることを決めた動機と似ていた為、合間を見て親しく話しかけたことを覚えています。

彼は自分たちのウェルカムボードやご両親の絵だけでなく、来賓の方々一人一人のカリカチュアを描いて会場に飾っていました。僕のもありました。今までで一番ライクネスが高かったですね(笑)。


日々の業務や課題に加え、部屋一面に貼れるほどの多くの人を描くことは並大抵の努力では成し得ません。
身をもってカリカチュアを通して人々の幸せに関わることを、ここでも示してくれました。

そういった努力の証や、皆様と話す新郎新婦の二人の姿を見て、僕の想像以上に素敵な人達だということ、周りから本当に愛されているということを、感じることができました。



また、カリカチュア・ジャパンが背負っているのは田村 大という一人のアーティストだけでなく、彼自身と彼を通して見える全ての人の幸せなのだと、強く強く感じました。


また、二人なら今まで以上に協力し合って生きていけるでしょう。

人間とは、人と人との間で生かされていくもの。


そんなことを実感できた本当に素敵な結婚式でした。



呼んでくれてありがとう。


そして本当におめでとう。

2 件のコメント:

田村大 さんのコメント...

ヒロさん

素敵な素敵なブログを、
ありがとうございました!
本ブログを見て、
嫁は涙を流して喜んでおりました。

来て頂けて、
本当に嬉しかったです。

まだまだ未熟ではありますが、
これからもご指導の程、
よろしくお願い致します!

カリカチュアは、
底知れない可能性を持っていると、
再認識することが出来ました!

Hironori さんのコメント...

だいくん、まきさんへ。
結婚式、呼んでくれて本当にありがとう。
まだ出会ってから日が浅い方なのに、本当に長年付き合いのあるような気分で参加させて頂きました。

二人の幸せに少しでも貢献できることがあれば、何でも言って下さい。出来る限り、全力で協力させてもらいます。

本当におめでとう。