2011年6月28日火曜日

Japanese politicians



カリカチュアは風刺の意味合いを込めて描かれたものも多くあります。

風刺画や戯画とも言われる時もありますね。

今回は日本の迷走中の象徴(であっては困りますが)のJapanese politiciansの方々を風刺画の要素を込めて描きました。


各々の表情だけでなく、手などに動きを持たせることで、感情の表現に幅をもたせようと考えました。
手はとても表現力豊かなパーツです。
手で相手に気持ちを伝える「手話」というものがあるくらいですからね。

カラーは淡い仕上がりを目指しました。
背景も中心に視点を寄せつつ、はっきりとは見えない日本(日の丸)、というイメージです。




カリカチュアはただ単に似せて描くだけでもなく、見た目をオーバーに描いておしまい、という絵でもありません。

そこに誰かに伝えたいメッセージがなければ、成り立たないものです。

また、メッセージがあったとしても、伝わらないことには意味がありません。

一枚の絵でどれだけ相手に伝えられるか。
カリカチュア・アーティストにとって永遠のテーマですね。


風刺を効かせた絵、カリカチュアは描くことは容易ではありませんが、様々なことに目を向け、より面白みとメッセージ性のあるカリカチュアを描いていきたいです。

0 件のコメント: