2011年11月9日水曜日

2011.11.7@石巻、仙台










日曜日に引き続き、翌日月曜日も朝5:00に起きて6:00に出発。

早朝より飯野川保育所に向かい、ライブスケッチイベントを行いました。
約100名もの園児をスタートからスピードを上げて描いていきます。

なんとも可愛らしい教室です。
園児が描いた絵が外国の新聞紙で作られたフレームに入れて飾ってありました。
とてもお洒落で、十分素敵な作品です。


先生方が用意してくださった園児用の小さな椅子を並べるとすぐさま、ちょこんと座って描かれるのを待ってくれます。

それにしても、楽しかったです!

少し照れながら
「ねえ、できた~?」
「ねえねえ。今なにしてるの~?」
と聞いてきたり、
絵をもらって、もじもじしながら
「あ~り~が~と!」
と言って自分の部屋に走って帰っていく姿はとてもかわいかったです。

今回描いた園児たちも、本来ならば二か所の別々の保育園に通う子たちでした。
今は同じ屋根の下、みんなで仲良く遊んで学んでいるそうです。

園児を描き終えると、わざわざ先生方がお昼の給食をご用意してくださいました。
お言葉に甘え、懐かしい味にお腹と心を満たされました。

食事を終え、その後は可能な限り先生方やそのお子様をお描きしました。
「来て頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございました。」
とお言葉を頂けた時は胸がいっぱいになりました。

描き終えた子のうちの一人がお昼寝に入る前の時間、着替えている最中に部屋を出ていく僕に一生懸命手を振ってくれたあの姿は絶対に忘れません。

これからもっと寒くなります。
皆様もお体に気を付けて、元気にこの時を乗り越えていきましょう。

その後、街中へ改めて様子を見に行きました。
前回よりも整備はされていましたが、やはりまだまだ大きな傷跡だらけです。

目線を下に落とせばすぐそこに人々が暮らしていたことがわかる生活の跡が見受けられます。

自分が今立っているこの場であの日、どんな恐ろしいことが起きたのか。
想像するだけで、恐くなりました。
はっきり言って、なかなかカメラのシャッターが切れませんでした。

僕たちが絵で出来ることはわずかだと思います。
ただ、わずかでも出来ることがあるのならやらなければいけません。
先は長い道のりです。
それでも目を逸らさず、出会った人を笑顔にし、現実を形に残し、後世に伝えていこうと思います。

4 件のコメント:

しおり さんのコメント...

お子さん達喜んでくれて嬉しいね!
私もカリカチュアで出来ることをして行こうと思ったよ!

Hironori さんのコメント...

しおりさん
本当にかわいかったよ~。

実際に近くには今年の四月に開園予定だった新しい保育園もあったみたいなんだけど、建設途中の完成まであと一歩のところで流されてしまったらしいんだ。

形に残すことができる能力を少なからず持っているのであれば、それを活かして協力していかないといけないね。

しおり さんのコメント...

そうなんだね。
保育園に行けなかった子達にも、
カリカチュアで笑顔になってもらえたらいいな、、、
次会ったら、また色々話を聞きたいー!

Hironori さんのコメント...

しおりさん
そうだね。
いつも向こうに行くと元気づけるはずが、逆に元気をもらってるよ。

もうすぐ会えるね!
向こうで会えるの楽しみにしてるよ!