2012年6月5日火曜日

「どぜう 飯田屋」

良いものを作りたいと思うならば、
良いものに触れなければならない。

本物を生み出したければ、
本物を知らなければならない。

代表のKageから常々言われることです。

今回は代表がエリアマネージャーをまさに「本物」を味わえる
へ招待してくれました。

新京極より佐藤史織も戻り、また新しいマネージャー体制をとっていく為の決起集会です。

どぜうだけでなく、酢味噌の加減が絶妙の「鮪のぬた」と
鰻ときゅうりの酢の物の上に葱とみょうががのった「うざく」も頂きました。
どれも本当に美味しい!!

我々もこの料理のようにお客様に感動と喜びを提供する為には今何が必要か。
今以上のものを生み出すにはどうしていったらよいのか。
熱い熱いディスカッションが繰り広げられました。


最後に締めで頂いた「鰻重」。
こちらも絶品でした。
家族や知人にも紹介したくなりました。

それは提供する「もの」は勿論ですが、
そこでの「人」との触れ合いも気持ちよく、
その場で過ごす「時間」が心地よかったからです。

また一つ、勉強になりました。

0 件のコメント: