2012年7月10日火曜日

ほおずき市

昨日、今日と、
浅草ではほおずき市が開かれていました。

ほおずきはナス科なんですね。
果実を鳴らして遊ぶ子どもたちの頬の様子から
「頬突き」と呼ばれるようになったとか。

この日に参拝すると、
「四万六千日間毎日お参りしたのと同様の功徳を得られる」
と言われています。

仲見世もさすがの賑わい。
歩いていると、
背の低いおばあちゃんが
草丈の長いほおずきを
地面スレスレのところで手に持ちながら
歩く姿をよく見ました。

そんな中、二日間連続で浅草本店では
女性アーティストが浴衣営業。

珍しく浅草本店に入っていた
うんうん、良い笑顔ですね。
浴衣も似合ってるよ~。

すっかり浅草本店にいるのも板についてきた、
モンミータこと門ちゃんこと門馬
こちらも似合ってますね、浴衣。
接客中もしっかりアヒル口が出ていました。

この懸命に働いてくれている社員達にも
ほおずきのご利益が風に乗って少しでも
届いて欲しいなあと思いました。



0 件のコメント: