2013年7月26日金曜日

その繰り返し。

この夏は世界陸上、世界水泳が熱いですね!

カリカチュア・ジャパンで行われている社内コンテストのお題も
勿論その選手がモデルです!

今ではお気軽にfacebookからも投票できます!
是非、お気に入りの作品に「いいね!」をお願い致します。


今回は私はハンマー投げの室伏選手を描きました。
今回はデジタルで仕上げました。

いつもは下描きをスキャンしてそこから描いていきますが、
今回は下描きからデジタルでトライしてみました。


仕上げで意識したのは
「筆のタッチを敢えて残すこと」
滑らかなカラーリングでリアルスティックに仕上げるのも素敵なのですが、
個人的には
ペインティングの筆のタッチが残っている絵が好きです。

色を「塗る」というよりも、「置いていく」感じです。

離れて見て色を置き、
寄って見て微調整をしつつ、
また離れて見て全体を見て・・・

その繰り返しです。

全体像をイメージしながら、ゴールを目指して進めていきます。


また、ペインティングならではですが、
輪郭線と背景をぼかすこともできます。

こうすることによって、
より重要な部分に見る側の視線を誘導することもできます。


作品制作をすることによって学べることはとても多いです。
プロは別のプロの作品や他分野の作品を参考にし、
自らの制作に当たります。

何もないところから何も誕生しません。
新しいものはこれまであったものから
学び、それを参考にし、活用し、改善していくなかで生まれていきます。

その繰り返しです。

これからもこうした制作を通して、また新たな制作へと繋げていきたいです。

0 件のコメント: