2013年6月23日日曜日

才能の宝庫

リニューアルオープンより一週間経った

なんと!
今月いっぱいは一時間のカリカチュア体験教室が無料で受けられます!

こちらの写真の講師は小俣理紗
キッザニアでアルバイト経験もあり、
弊社の京都エリアでも修行を積んだ
元気いっぱいの「おまり先生」です。

連日教室は大好評頂いております!

教室後は先生や他のアーティストに描かれて行かれる人も多いです。

さっきまで自分が勉強していた分、
皆さん食い入るように見ていますね~。

そんな中、店舗にお越しくださったのがこちらのおねえちゃん。

フラダンスをやられているそうです!
手の動きを少し見せてくれましたけど、
あのしなやかさはなかなか真似できません。

お会計の時も得意のダンスを披露、
店内に流れる音楽に合わせて踊ってくれました。

家族も多く、子供も多く来店する豊洲店。
まさに、豊洲という街は才能の宝庫です。

カリカチュア教室で、隠れた才能が開花するかも!??

2013年6月17日月曜日

生後三日。

リニューアルオープンから三日目。
初の土日を迎えたカリカチュア・ジャパン Family 豊洲店。


カリカチュア教室も併設された新しい店舗。
そこで行われている体験教室は
今だけ無料!

そこにはご家族でご参加される方も多いです。

絵を描くことを通じて、
誰かのことを思う心、
ひとに喜んでもらうことが自分の喜びになることを学びます。

こちらは父の日のプレゼントにお父さんを一生懸命に描いています。



見事なライクネスの高さ!(似ている!ということです。)




絵の中だからこそ叶う夢もあります。
その夢が叶う喜びを胸に、
将来に向かってくれたら最高に嬉しいです。

僕を描いてくれました!
なんと、
メガネを描いたのは初めてだそうです。

自分のことを思いながら描いてくれたと思うと、
本当にこの絵が価値があると感じます。
何を見て上手いというのか。
何に価値があるのか。
プロが描いたものと、この子の作品を比べること自体が意味がないことですね。


 いつもきてくださるリピーター様。
何度も来てくださる方の期待に応えることは容易ではありません。
それでも、
こういった方々のおかげで、
もっともっとと向上していけるのです。

喜びを提供し、
その喜びを喜びで返して頂く。
そんなシーンが店内では生まれています。

2013年6月12日水曜日

あと37時間!

リニューアルオープンが迫ってきました!

今現在、
準備のラストスパートがかかっています。

制作物を進めつつ、
電話でやりとりをするデザイナーの斉藤。

窓越しの景色もここからまた進化していきます!


シャンデリアの奥には
カリカチュア・スクールの教室が
希望に満ち溢れてシャンデリア以上に輝きを放ちます。

残すところあと37時間!
カリカチュア・ジャパンの新しい扉がまた開きます!

2013年6月3日月曜日

2013年6月1日

2013年6月1日
弊社渋谷店店長の一ノ宮の結婚式に出席して参りました。

結婚式場の扉が開き、
新郎が入場してくる最初のシーン。
・・・
のはずが、
何故かクスクス笑いが起こる・・・。

その様子を見て、
二人が本当に皆から愛されていること、
そして良い式になることを確信しました。


式場の入口には一ノ宮自身が描いたウェルカムボードに加え、
仲間達からのサプライズウェルカムボードも飾られました。



幸せが溢れ出ている瞬間です。


この日まで二人で頑張って準備してきたからこそ、
思いっきりその喜びを味わうこともできたのでしょう。


披露宴の中でも、
来賓の方々を全員事前に描いておき、
サプライズでプレゼントするなど
カリカチュアの魅力を存分に伝えてくれました。

流石です。

不器用で緊張気味の挨拶も、
真面目でまっすぐな彼の人柄を表していました。
きれいな言葉よりも、
ずっと心に響きました。

イッチー、めぐみさん、
本当におめでとうございます!

末永く、お幸せに!!!

2013年6月1日土曜日

一つのステップ

先ほど、ららぽーと豊洲店の
ブース区画の撤去作業を行って参りました。

撤去作業もこれまで何度も立ち会い経験してきました。

毎度のこと、それは寂しさがあるものですが、
今回はあまりそれがありません。


何故かと言うと、気持ちは既にリニューアルオープンに向いているからです。
今回の一時退去はそのうちの一つのステップです。

また、これまでにないカタチのお店が出来上がります!

店舗、ギフト受注と制作、そして教育事業と複合する
初の商業施設内店舗です。

私はこの度、エリアマネージャーを務めつつ、店長も兼任させて頂きます。
この新型店舗を確立するのに精いっぱいの力を注ぎます。


ブース撤去作業後、少し作業中の新店舗内を視察にいきました。

部屋のレジを置く予定の位置に立ち、
アーティストが笑顔で、
お客様が感動し、
生徒が誇らしげに自分の描いた絵を手にしている風景をイメージしていました。

新しいカリカチュア・ジャパンFamily、ご期待ください!