2014年3月3日月曜日

プロ養成コース第25期、最終競技会

先週プロコース第25期が最終競技会を迎えました。


何度立ち会っても独特の緊張感があります。


最後に並んだこの壁を見た時、
生徒一人一人の成長を嬉しく誇らしく感じる一方、
もう少し出来るはずだ、という歯がゆい気持ちとが入り混じっていました。

私はプロコースが始まる前のアーティストです。

そして、プロコースが始まった第一期から
このコースの生徒を見てきました。


誰もが本気で
誰もが熱意を持っていて、
そして誰もが折れそうになる心と戦いながら
それを乗り越えてこの最終日の場に立ちます。



最後まで戦い抜いた生徒の顔です。
いい顔してます。

最後まで自分の可能性を信じた者の顔です。

本当に皆さん、お疲れ様でした!


その生徒への今回のプレゼント作品。


座った時の姿勢と足、ブーツの角度が気になっていた野原さん。
今回の悔しさ、次で果たしてくださいね。



尻上がりに調子を上げてきた臼井さん。
クールな印象でしたが描いてる時の笑顔は
とても素敵でした。
お疲れ様でした。


プロコース第26期も既に募集されています。
自分の可能性を自分で決めず、
絵を仕事にすることを強く信じる人、
浅草の地でお待ちしています!



0 件のコメント: