2014年6月1日日曜日

初めの一歩

本日(2014年5月31日)、
カリカチュア・ジャパン プロ養成コース 第26期が
最終競技会を終えました。

興奮冷めやらぬ中、
深夜ですがこうしてブログを書いています。


最終競技会の前の教室の緊張感とは独特なものです。

その緊張感に飲み込まれぬよう、
代表は開始前に全員にエールを投げます。


送り出しつつ、見守る背中です。



そうして開始される競技会。


大体一枚目は線が震えるものです。
問題はそこから。

如何に切り替えるか。
早い段階で自分のペースに戻していくか。


時間が過ぎるの想像以上に早く、
手が、頭が動いてきたかと思えば、
もうラストセットという人も少なくありません。


思う存分力を出し尽くし、想像以上の結果を出せた人、

持てる力は出せたが、狙っていた目標には一歩届かなかった人、

努力してきたけれど、力出し尽くすことができず、目標に届かなかった人、


講師陣も皆、生徒それぞれの個性を知っています。
この壁に並んだ絵だけで測れないものもあるのも承知していますが、

ここはプロコース。

今日に限っては、
この壁が全てです。




競技会を終えての記念写真。
スクール事業発足から比べ、
だいぶ一人一人の顔が小さく写るようになってきました。

それが、とても嬉しいです。


この集まってくださった方々から、
また新たなカリカチュア・ジャパンの仲間が誕生します。

一人でも多くの人と出会う為、
一つでも多くの笑い・感動・サプライズを届ける為、
明るい社会と人々の幸せに貢献する為、

また新たな仲間と一緒に歩んでいきます。

プロコースの最終競技会は、その初めの一歩なのですから。


今期の生徒へのサプライズプレゼント、私も一名描かせて頂きました。
(第三位の野上さん、おめでとうございます!)

いい笑顔してますね。笑。
これからも、26期の皆様には、
自分たちの周りにドンドンこういった笑顔を
カリカチュアで生み出してもらいたいと思います。


26期の皆様、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました!!




0 件のコメント: