2014年7月13日日曜日

問題です。「恵」と書いて何と読むでしょう??

本日の新江ノ島水族館店での主役はこちら!!



三田店長!!!











・・・ではなくて、






こちら!!!






98%聞き返される名前を持つアーティストの齋藤萌林(もりん)!!






・・・でもなく、
横にいる「恵」と書いて「あや」と読む
鈴木恵!!!



じつは本日でカリカチュア・ジャパンで最後の勤務となった鈴木。


永らく新江ノ島水族館店を支え、
私の管轄であるエリアの大きな力になってくれたアーティストでした。



プロコースを受講していた時はまだ大学生でした。
最終競技会では、思うように力が出せず、
最後の最後に涙を流していたことを今でもはっきり覚えています。


その後の現場デビューでは初日に新人とは思えない
記録的な客数を獲得し、周囲を驚かせたことが昨日のようです。


その鈴木とは、節目節目でいろいろな話をさせてもらいました。

何気ないくだらない話、
仕事の話、
絵の話、
将来の話、
プライベートの話・・・。

新卒で入社してきた彼女にとって、
私は社会に出て初めての「上司」となったわけですが、
それらしいことをしてあげられたかどうかはわかりません。


しかし、
彼女を妹のように思い、見てきたつもりです。
その自覚だけは妙にあります。




そんな鈴木も、今後はまた新しい場所で夢を追うことになります。

カリカチュア・ジャパンで働く中で見つけられた夢です。

こうしてお客様に絵を渡す姿は店舗ではもう見られなくなりますが、

今後は別の場所で、
人を笑顔にし、元気を与えてくれることでしょう。
その姿が、一人でもいいから周囲の人に夢を与えてくれたら、
これ以上ない喜びです。


鈴木が作り上げた新江ノ島水族館店の営業は、
残されたメンバーがしっかりと引き継ぎます。

「あやちゃん、本当にお疲れ様でした!
君と働けて本当によかった!!
ありがとう!!!」

0 件のコメント: