2014年9月29日月曜日

カリカチュア・ジャパン プロ養成コース

いよいよ今週末に迫った、
カリカチュア・ジャパン プロ養成コース第28期
最終競技会。



こちらは先週末の最後のトレーニング風景の一コマ。


今期もここまで厳しい内容を皆こなしてきました。

時に心折れそうになった時もあると思います。

私も途中で受講生に対し、
厳しいメッセージを投げたときもあります。


それも全てはここに集まった人たちが本気だからです。

「とにかく最後に笑って皆さんを送り出したい。」
その思いは本当に強いです。


今週末には是非、この二ヶ月の頑張りをカタチにして頂きたい。
そう願ってなりません。


その二週間後には、
また新たな本気のプロ養成コースの新しい章が始まります。

弊社では一人でも多くの
絵を仕事にしたいと思う人を応援したいと思い、
ギリギリまで受付も行っています。
興味がある方は是非申し込んできてください。


28期最終競技会は今週末、
29期は10月19日よりスタートです。

2014年9月27日土曜日

2014年9月6日。〜幸せの象徴〜

2014年9月6日。


とっても嬉しい一日がやってきました。


個人的にはこの日はいつも通り仕事です。


何が嬉しかったかと言いますと・・・



デビュー前、デビュー後とずっと一緒に働いてくれ、
今年卒業していった後輩が見事に結婚式を挙げたのです!!



なんだか、自分の親族が結婚していくような
嬉しい気持ちです!!




お色直しも新郎新婦共々、
バッチリ決まってますね〜。




ご両親にはここまでの積み重ねの結晶をカタチにして
渡したようですね。

在職中も本当によく頑張ってくれました。

本当に良いパートナーにも恵まれ、
今後も幸せになってくれることを信じています。



今回、僭越ながら、二人の特別な思い出となる、
ウェルカムボードを描かせて頂きました。


構図と要素には二人からのリクエストに沿った形にしました。

その中で、よ〜く見ると新婦の瞳には彼女の象徴でもある、
素敵な笑顔が隠されています。
絵自体にも、二人の幸せが象徴されるように、
優しく明るいイメージを心がけました。


あゆむさん、あやちゃん、
本当におめでとう!!!
ずっとずっとずっと、幸せでいてくださいね。

2014年9月24日水曜日

不思議と、そういうもの。

上手く描こうと思うと、


気に入るように上手くは描けなくて。





似せようと思うと、

納得いくようになかなか似せられなくて。



一生懸命写真を見れば見るほど、
分からなくなる。


不思議と、そういうもの。


いっそのことモデルをあまり見ずに、

頭のイメージを、
自分の感じるモデルの方のことを
思い浮かべながら描くと、


そっちの方がずっと似ている絵が出来てくる。


大事なことは、
「描くこと」
ではなくて、
「表現すること」。

再認識した作品とその行程が、以下のものです。



ちなみにこちらは迷走が始まってから大分後半の方のスケッチ。




こちらは色味も少し加えつつ、
さらに具体的な形に起こしてきたスケッチ。



これらをもとにして、
ようやくデジタルで作画スタート。



カリカチュア・ジャパン(株)
社内コンテストのお題は
「今が旬!トレンドセレブリティ!」


9月、最も注目を集めた日本人アスリート、
テニスプレイヤーの錦織圭選手をお描きしました!

空中で強烈なボレーを打つ、必殺のエアケイは
彼の代名詞です。


今回は体を必要以上に捻らせて、
スピード感と勢いを表現することに努めました。

コンテスト投票はfacebookや弊社HPからも行えます。
お気に入りの作品に一票、よろしくお願いします!


2014年9月19日金曜日

9月に選ばれた男

先日放送された「きらきらアフロ」。
弊社、カリカチュア・ジャパンのアーティストと作品達も
存分に紹介して頂いていました!

中でも目立っていたのがこちら!

赤レンガ倉庫店の後藤店長!!!


絵の見せ方も抜群に面白かったですね(笑)


こちらも後藤店長の作品!
彼に会えるのは横浜赤レンガ倉庫店へ!






その他の弊社アーティストもなかなかパンチの効いた作品を出させて頂いたので、
「カリカチュア・ジャパンて何やねん!?」
となり、そのくだりの蛭子さん・・・



「はい!そうです、会社です!!」


コーナーの終盤、


と、いうことになり、
その中で、
「これもいいね!」
と、


私の作品も取り上げて頂けました!!!
選んで頂けて光栄です!



どうやら私のカリカチュアは9月になるようですね。
嬉しいです!!!




フリーのアーティストの方々も多く参加されていたようで、
様々なスタイルが見れて本当に楽しい時間でした。

ご紹介頂き、ありがとうございました!

2014年9月18日木曜日

アーティストである以上

9月の三連休、多くのお客様を
カリカチュア・ジャパンの店舗では描かせて頂きました。

(ダイバーシティ店)


(ららぽーと豊洲店×東急ハンズ様 特別イベント)



私達はただお顔を描かせて頂くとは考えておらず、
その方の人生を描かせて頂き、
人生の良き思い出をカタチにする為に努めています。


それを実現する為にも、
技術トレーニングは欠かすことはできません。
少しでもご満足頂けるものをご提供する為に。



まだまだまだまだ、アーティストである以上、成長の途中です。


2014年9月11日木曜日

9月のメインイベントはこれ!!

来る9月23日、

カリカチュア・ジャパン ワークショップ2014。
ついに代表アーティスト、Kageが再び還ってきます!


代表Kageによる特別ワークショップ「旅と似顔絵」』



これまでのワークショップとまたことなった形で
皆様にカリカチュアの力、可能性、

そして私達が絵を通して何を伝え、広めていき、
目指すべきものは何なのか。


Kageの実体験を踏まえつつ、
楽しく本気にお伝えします!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■開催日時
 9月23日(火・祝日)13:00~15:00

■講義内容(目次)・・・講義内容は一部変更になることがあります。

第一部 スライドプレゼンテーション
「アートは国際言語」・・アメリカ編、ヨーロッパ編、アジア編

第二部 実技演習
1)旅の出会いを絵で描く
2)旅の思い出を絵に残す

■会場:カリカチュア・ジャパン ららぽーと豊洲店
 東京都江東区豊洲2-4-9
 アーバンドック ららぽーと豊洲 3階シップ2エリア

■参加費:10,800円(税込)

■教 材:マルチライナー、スケッチブック(どちらも支給いたします)

■定 員:15名

■お問合せ・お申込先:
★お申込はメールでお願いいたします。
お名前、お電話番号、参加講座名、在籍クラスと教室名を
下記アドレスまでお送りください。


★お問い合わせ先
カリカチュア・ジャパン教育事務局 
Tel:03-3845-1445(平日10:00~18:00)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

定員には限りがございますので、
お早めにお申し込みをお勧め致します。

皆様のご来場、心よりお待ちしております!

2014年9月9日火曜日

伝える力

人に伝える。

私たち日々これを行っています。



アーティストは絵を描き、

その中でモデルの何を、

どう表現しようとしたか。

あなたにはこんなに素敵なところがあります、
と本人も気づかない部分に気づいてもらいたい。




そのメッセージを絵を通して
お客様に伝えていくことを
日々心がけています。



本日は社内の幹部陣を集まり、
前田鎌利先生にお越し頂き、
プレゼンテーションについて
特別講座を開いて頂きました。


アーティストとして、技術を磨いていくのは当然のことながら、

こうした切り口からの「伝える力」も学んでいかねば、
絵で食べていける社会は創れません。


全ては、カリカチュアを通して一人でも多くの人と出会い、
一つでも多くの笑い・感動・サプライズを提供し、
明るい社会と人々の幸せに貢献する為。


前田先生、ありがとうございました!!

2014年9月6日土曜日

これはマズい・・・。

カリカチュア・ジャパンの社内で行われているコンテスト。


今回は笑い声が秋の空にこだまするように、
アーティスト達が吉本の芸人さん達を描きました!!


それぞれの表現の仕方の違いがあってとても見ていて面白い作品ばかりです。




さて、今回私は普段から妻ともよく見ている
「アメトーーク!」
をもとに、雨上がり決死隊のお二人を描かせて頂きました。



しかし、スケッチを始めてみると・・・

なかなか上手くいかない・・・。


動画を見て、
写真を見て、
さんざん繰り返すスケッチが全く本人達らしくないのです。





これはマズい・・・。
困った・・・。




こうなると一旦私は作画から離れます。

他のことをします。

頭がリセットされるまで戻りません。



そして少し経ってから、

なんで似ないのかな〜。

こんな感じなはずなんだよな〜、と、
メモリースケッチをしたところ・・・




!!!


今までで一番似てるかも!


この方向性で形を決め、ペン入れをし、



「オープニングがアニメーションだったら」
というイメージのもとカラーリング。



可愛らしく仕上がりました。


今回苦戦したのは、
「似ない似ない」と焦り、写真や形ばかり追っていて、
モデルらしい表情やイメージを表現することを、
スケッチの段階で抜けていたのが理由でした。


いつも後輩や生徒にも伝えていることです。


自分もまだまだ。
日々精進。