2014年10月28日火曜日

「デザイン性をリアルスティックの共存」

カリカチュアには誇張、デザイン、ユーモアがあります。


これらは別物、という訳ではありません。


例えば、シンプルなキャラクターデザインで
絵を仕上げたい、と考えたとき。


絵のタッチは違えど、
これを成すには余計な部分は切り落とし、
言いたいことを強く打ち出すことが必要になってきます。


これはいわば誇張ですよね。


カリカチュアを描く上で、
どのスタイルを選ぼうとも、
自然とこの3つは同時に成されているということです。


ただし、アーティストによって、
その3つのスタイルのバランスが異なります。



今回の社内コンテスト作品。

全社的なテーマと別に設けた私のテーマは
「デザイン性をリアルスティックの共存」

ある部分は形も色もシンプルに、
ある部分は形はユニークに、しかしカラーリングは には
リアリティを持たせる。

こういったことから成り立つ
「不調和の調和」
を意識しました。


また直線的な線では、ローワンの仕事に対する真面目さ、
本気さ、緊張感を、
曲線ではミスタービーンの面白さ、柔らかさ等を表現することを心がけました。


月間コンテストの投票はこちらから行なえます。
全社員の作品も掲載されているので、
是非ご覧ください!


2014年10月21日火曜日

まさかですが・・・描かせて頂きました!

このお仕事をさせて頂いていると、

様々なお客様に出会うことができます。

店舗にはお客様の数だけエピソードがあり、
その数だけドラマがあります。



そのドラマに少しだけ絵で花を添えることができるのであれば、と思い、
日々店舗で精一杯描かせて頂いております。



その中で、時に

「えっ!!??」

と思うような方から、または方への絵を頼まれることもあります。





それが昨日ありまして・・・













あのトップアーティストのEXILEのSHOKICHIさんへの
バースデイプレゼントのご依頼を受けました!!!








ご依頼頂いた写真を見てさすがに驚きましたが、
なんとまあ、その肉体が美しいことといったらありませんでした。


何度かEXILEの皆様の壮絶なトレーニング風景をTVで拝見しましたが、
その結晶がこれなのだと、その努力の証を見させて頂きました。



やはり、最高のパフォーマンスを目指す方々は、
最大の努力をしておられるんですね。
分野は違えど、アーティストとして
その姿勢はとても尊敬と共感できます。


頂けた受け取った時のお写真の笑顔も
最高のものでした。

今回、プレゼントにお選び頂き非常に光栄です。

ありがとうございました。
お誕生日、おめでとうございます!

2014年10月20日月曜日

今なら少しは分かる気がします。

今よりも若い頃は想像もしませんでした。

「子供の誕生日を迎える親の気持ち」
なんて。

そりゃそうかとも思います。
だってまだまだ自分自身が子供だったわけですから。


そんな子供だった私も気がつけば夫になり、親になり、

もうすぐ自分の息子も一歳を迎える時期になってきました。



今なら少しは分かる気がします。




そんな最近はとにかく小さなお子様が可愛くて仕方ありません。

先日お会いしたこちらのしょうまくんもとっても可愛かったです。


しかし、このくらいの年齢だとご機嫌を保つのも一苦労。
親御さんもとても大変なんですよね。

実際のモデルさんも絵に負けない可愛さを持った子でした。
また二歳の誕生日に、来て頂きたいですね。

元気に育ってね、しょうまくん!

2014年10月13日月曜日

入社してから、 初めて。

私は太くて低い、なかなか通りにくい声質なので、

お客様にもよく届く、
耳障りの良いハイトーンボイスは
時に羨ましくなります。



その持ち主がこちら


通称「えんちゃん」こと
遠藤 梓。

その笑い声はまあ響くこと響くこと。


彼女が普通に話しだすだけで笑ってしまいます。
良い意味でですよ!!




それともう一人。

時に特徴があるな!これは描きやすい!
と思って描きだすと、

あれ?なんか難しいかも・・・

と迷うことが時にあります。

その顔の持ち主がこちら。


ダイバーシティ店の川原店長。

ドナルドダックに似てるな〜と思っていました。
今度は身体も付けて描こうかな。




実は入社してから、
この二人は初めて描きました。


えんちゃん、あすぴん、
また描きますね〜。モデルありがとう。

2014年10月9日木曜日

「皆と一緒に働けてよかった。 ありがとう!!」

今日は女子会に参加してきました!

っていうのは冗談です。

この写真だけ見ると本当に女子会ですが、
地域密着エリアに所属してくれていた鈴木恵(以下あやちゃん)の送別会を
だ〜いぶ遅くなりましたが、ついに実現できました!


この後第二陣で男性陣も到着。
でもその写真は画的に省略。(笑)




うちのエリアメンバーはそこまでお酒を必要としません。

基本は食べるの中心です。
お酒よりもごはんとデザート重視です。



そうしてお腹も満たされてきた時にメンバーから
あやちゃんへのサプライズプレゼント!


こちらは他エリアにも協力してもらった
サプライズムービー。



主役以外も食い入るように見てました。
その出来映えは本当に素晴らしかったです!
協力してくれた皆、ありがとう!!!!!


地域密着エリアメンバーより、寄せ書きと


エリアメンバーの称号(?)の
新江ノ島水族館のオオグソくんもプレゼント。
あやちゃんの同期のだーやまにもどことなく似てます。


誰かが卒業していく時、
「皆と一緒に働けてよかった。
ありがとう!!」
と、心か思ってもらえるようなエリアでいたいと思います。

あやちゃんは本当に先輩からも、
後輩からも、そしてお客様からも、
愛されていたアーティストでした。

これからはまた違った形で幸せを作っていってもらいたいと思います。


あやちゃん、本当にお疲れ様でした。
そしてありがとう!!!!!




帰路の一コマ。




2014年10月5日日曜日

今、どう思われようとも。

カリカチュア・ジャパン プロ養成コース 第28期が
先週土曜日に最終競技会を迎えました。



プロ養成コースには、
様々な仲間が集まります。


仕事を辞めて覚悟を決めて来てくださる方、
仕事をやりつつ、多忙な中でも課題に取り組む方、
今はまだ社会に出る前の学生でも、絵を仕事にすることを夢見る方、


本当に、人それぞれの事情を持ち、夢を抱き、
全国各地から集まってきてくださいます。




年齢を問わず、経験を問わず、
私達は敬意を払い、真剣に向き合います。

それが故に、やはり今期も時に厳しく接しました。


ここはプロ養成コース。

半端な気持ちで向き合うのは、
それは私自身がプロの講師ではないことになります。



プロの技術だけでなく、
その姿勢も伝えていくのが、
ここの講師の立場としての務めです。



多少怖がられても構いません。
厳しくすることが、
数ヶ月、数年経った時に、
「あのとき、ああ言ってもらえてよかった」
と思ってもらえるなら、
今がどう思われようと、構いません。




そんな思いで向き合った生徒が描いた壁を見る時は、

ここまでの二ヶ月を
「本当に良く頑張ってくれました。ありがとうございました。」
という気持ちと、
将来を見据えた
「もっとできましたよね。」
という欲張りな気持ちとが入り乱れます。


皆さん、本当にお疲れ様でした。

そして、また頑張っていきましょう。

ありがとうございました。




最後に、講師からのプレゼント。
今期は私も縁ある福岡から頑張ってきてくれたこの生徒を、
描きました。

将来に繋がる3位。
まだまだここからです。
おめでとう、熊井さん。







2014年10月1日水曜日

我が妻、こどもの先生になる。の巻。

カリカチュア・ジャパン Family ららぽーと豊洲店に併設されている
カリカチュア教室 ららぽーと豊洲校。

ららぽーと豊洲校のみで行われているのが、
「こどもアート教室」です。




これまでは「おまり先生」でしたが、

今日は「しおり先生」です!


※我妻は名前が汐里と言います。



以前、こういったお子様に実際にもの作りを教えていた経験もあり、
なおかつ根っからの子供好きなので、

本人も存分に楽しみながら、
子供達に教えていました。


子供と一緒に楽しめるからこそ、
一緒に学ぶことができるのでしょうね。

「しおり先生」を
これからもどーぞよろしくお願いします!