2015年4月11日土曜日

過去〜現在〜未来

現在あるカリカチュア・ジャパン Family ららぽーと豊洲店。


唯一教室と店舗が併設されているお店です。

なかなか今では社員でも知らない人も増えてきていますが、
昔はブース型店舗として、
エスカレーターの下等で営業させて頂いておりました。


ブースの移動も一度、二度ではなく、
都度都度ららぽーと様とご相談させて頂き、
変わっていきました。



今では多くの受講生の方々にお越し頂いているカリカチュアスクールも、
駆け出しはこちらから。

「ららクラブ」という教室からのスタートでした。


そこから少しずつ少しずつ歩みを進めていき、
念願の店舗区画のお話を頂けました。


上はその工事途中の店内。
新たな挑戦と店舗の形に
ワクワクが止まりませんでした。


豊洲店の店長を勤める「おまり」こと小俣理紗。

思い起こせば彼女が初めてカリカチュア・ジャパンと出会い、
カリカチュアを描いたのも、学んだのも、
豊洲でした。


↑若かりし頃のおまり店長。
あまり変わってないかな??(笑)



そんな小俣も
下北沢、そして京都と巡り、
リニューアルと同時に、
この豊洲に帰ってきました。


豊洲店の店長として、
そして豊洲校の講師として。


今では彼女のファンも多く、
「あれ、今日はおまり店長、いませんか??」
とお客様に聞かれたり、

「おまり先生は〜??」
と子供達がお店に立ち寄ってくれたりする場面も
よくあります。


先日行なわれていたキッズクラスでも、
子供と小俣の楽しそうな笑い声が店頭まで聞こえてきました。


一人でも多くの人に幸せになってもらいたい、というのは、
お客様だけでなく、社員にも思う事です。

小俣にも幸せになってもらいたいです。
その為にも、もっと多くの方に、
小俣に「ありがとう」と笑顔を頂けるような
お店を作っていきたいです。

0 件のコメント: