2015年10月31日土曜日

AGEを知る→110-Cento Dieci-

友人の紹介がまたひとつ素敵な出会いを作ってくれました。

今回お会いできることになったのが
オーガニックレストラン
110-Cento Dieci-」のオーナーシェフの伊藤 雄士さん。

今回お会いするにあたり、お誕生日も近かったので、
描かせていただきました。

背景は敢えてシンプルに白。
お会いする前でしたが、
余計なものはいらない、強い志のある人だと感じていました。

白いシャツと黒のエプロン。
それだけで十分絵になります。


素敵な、そして個人的にも好きな外観です。

今日あったのは自分の今の体内年齢(AGE値)を知り、
AGEを貯めない食習慣を考え、
オーガニックレストラン
110-Cento Dieci-オリジナル・糖質レスメニュー
体験できるイベント。

  
到着して人生初のAGE値というものを計りましたが、
結構これまで生活が不規則だったこともあり、
う〜ん・・・と考えさせられるものでした。(汗)

そんな体を癒してくれる伊藤さんに、
今回光栄にも直接絵をお渡しできました。


さらに光栄にも、気に入っていただけすぐに店内に飾ってくださいました。
やはりすごくパワーがあるひとでした。
そして、探究心のあるひとでした。

先に書いてしまいますが、食事中なんでも質問に答えてくださった伊藤さん。
なんでも答えてくれましたが、随所に
「僕が言ったからって正解じゃない。
でも、まずは考えるきっかけにしてもらいたい。」
とおっしゃっていました。
 

「自分が摂っているもの(自分を作っているもの)がどんなものか真剣に考えることで、自らの健康を作り、健康で幸せな人生を送ってもらいたい。」
そんなメッセージを感じました。



 さて、ここから早速糖質レスメニューのスタート。


初体験のノニジュース。

食器も思わず見てしまいます。
女性の口に合わせたサイズのスプーン。
こういう気配り、いいですよね。

職人がものを生み出す姿を見るのがとても好きです。
やはりその姿はかっこいい。

無農薬、自然栽培の野菜のサラダ

鮮魚の(青魚)のカルパッチョ
下にはひじきがあります。
梅の風味が効いていて、歯ごたえもとてもよかったです。

火の入ったお魚料理お魚料理
あっさりした味付けですが、手前のアンチョビが効いたソースが
味を引き締めてくれます。
個人的にとても好きな料理でした。

お肉料理
こんなに綺麗なんですね、お肉の断面て。
脂っこいお肉は得意ではありません。
こちらのこれだけしっかりとした赤みのお肉は
全く胃もたれがありませんでした。

最後のノニリーフティー

食後は表参道から渋谷までブラブラ歩いてみました。
食後でしたが、不思議とお腹は満たされているのに、
胃もたれみたいなものは全くなく、心地よい感じ。

まさにお腹も心も満たされました。
良い食事は、食べた後も良い時間を相手に提供し続けることができるものなんだな、と、
ハロウィンで賑わう街を歩きながら、静かに思いました。

今夜はまた知らない世界を少しだけ知ることができました。
本日お会いできた皆様に感謝です。
ありがとうございました!

2015年10月30日金曜日

結婚記念日。

 結婚記念日。

またひとつ迎えることができた節目の日。

当日は妻が腕を振るってくれ、
美味しい夕飯をいただきました。

別の日。
らしくなく、頑張ってレストラン探して、
予約して、
食事なんかしたりして。
普段はこういったことは基本妻に頼ることが多い私。

仕事ではよく几帳面とか言われたりすることもありましたが、
家では結構だらしないところもあります。

妻はよ〜く知っています。
ひとはどこかでバランスをとっているんですね。

一緒に暮らしていて一番多く私を注意してくれることも多いひとです。
 
私も未熟者故に、
ヘソを曲げたりすることもあります。

まだまだまだ子供ですね、最近も感じたことがありました(笑)。


そんなこんなで迎えた結婚記念日。

レストランの予約も2名から3名分、
席をとることになりました。

落ち着いた食事、とはいかないけれど、
それはそれで楽しいもの。

彼はいまスプーン並べるのがブームらしい。


思い出がまた増えた。
 結婚記念日おめでとう。ありがとう。


2015年10月22日木曜日

やはり一番

先日あった嬉しいお報せ。

以前描かせていただいたお客様からのお報せ。


描かせていただいて間もなく、
お礼のお手紙をいただき、
そのお礼の手紙を私も出し、
というやりとりがありました。


しばらく時が経ち、
手元に届いた嬉しい手紙。

以前勤めていた会社を離れた為、
オフィスにいる友人が転送してくれました。
 ありがと。しっかり受け取りました。


その友人のおかげで手にすることができた大切な手紙。

そこには幸せいっぱいのお二人の姿がありました。



今は新しい生活を
新しい場所で始められているとのこと。

お二人のことは今でもよ〜く覚えています。

描いてもらうかどうか、すごく迷われていましたね。

照れくさそうに、でもワクワクしながら、
絵の完成を待ってくださっていたことを
今でも鮮明に覚えています。

 
 この先、私がお二人に再開できるかどうか
正直わかりません。

物理的な距離もありますし、
私は会社を離れフリーになりました。
再開出来たなら、
もしくはまたご依頼いただけたなら、
これ以上嬉しいことはありません。
 
 
そう考えると本当に出会いは一瞬。
それでも一生で一度の結婚式の場に、
私の描いた絵を飾っていただけました。

私が描いたお二人らしさが認めてもらえたのかな、と、
感じることができました。

こうした喜びの声が、
やはり一番 、

嬉しいのです。

2015年10月21日水曜日

何でも学びになる。

朝パソコン開いて仕事をしていると
友人から「お昼時間ある?」
とお声がけいただき、

 ロイヤルパークホテルで開催されたチャリティバザーに赴きました。


今回お邪魔したのは日本中近東アフリカ婦人会が主催のチャリティーバザー。
1981年の創立年よりスタートし、今年で18回目。
過去には皇后陛下や秋篠宮妃殿下や高円宮妃殿下なども来場した老舗のバザーとのこと。

そこには異国の食事や民族衣装、
工芸品などがたくさんあり、
異文化に直に触れることができました。

また、お買い物にお越しの方もご出店されている方々のパワーもすごかったです。

写真はWith You代表の石塚さんとAbiosの谷口さん。
人と人をつなげる魅力を持ったお二人。


異文化というのは何も国籍のことだけじゃないですよね。

世の中一歩外に出ればそこはもう異文化の世界。

仕事をするのも、人と出会って話をするのも、
自分以外の人と接することは自分以外の文化に触れること。

それを拒絶してしまったり、受け入れなかったりするのは、
少し寂しいことですよね。
昔の自分もそうでしたが、若い頃ほど全部を知ったようになりがち。
年齢を重ねてくればくるほど如何に世間知らずかを思い知らされる。

最近つくづく感じること。
何でも学びになる。

2015年10月16日金曜日

セン


 最近お描きしている絵の作画の線画の段階です。

 


 

 
 ペン入れはとても緊張する作業です。


真っ白な紙に、
黒いインクで線を引いていく。
 
一本一本丁寧に引いていくことは当然のこと。


この線は入れるべきか、省くべきか。

形を明確に記すため、
この形、構図が本当にこれでいいのか。
 

紙に落とす前によく考えます。

服の素材もよく見て、線画だけでもその柔らかさ、
硬さがわかるかどうかを気にかけます。


実はこの白黒の絵の段階も個人的にとても好きです。


線にこだわって描いている身だからかもしれませんが、
純粋にきれいだと感じるんです。

作品によっては美しく、
作品によっては格好よく。

 今回は美しさとしなやかさ、
でもその人物の芯の強さを目元に意識しながら
描いていきました。

線画でその素晴らしさを感じていただけるような、
そんな絵を描いていきたいと思います。

2015年10月6日火曜日

いつかこんな風に

一気に寒く感じるくらいになってきました。

・・・私だけじゃないですよね??

先日の土日は暑いくらいだったのになあ。

そんな少し暑かった日曜日、
家族と友達ととある公園へ。


もちろん、息子くんは大はしゃぎ。

でも前日はあまり運動させてあげられなかったので、
約束通り大いに遊んでいいよ。

シャボン玉もかけっこで追いかけるお年頃。


汗だくになったのは言うまでもありません。

そんな中友達が撮ってくれた一枚の写真。

嬉しい一枚です。

いつかこんな風に、小さいのが間に入ってくるのかな〜
なんて妻と話していました。

入ってきましたね。
いつまで入ってくれてるんでしょうか。


今年も3ヶ月切りました。

クリスマスカード、
年賀状のご準備もお忘れなく。
イラストのご相談はfacebookメッセージかこちら↓まで。